明治大正における魚鱗癬についての記述  その1

魚鱗癬についての情報は、大変少ないようです。
一つは、日本においては、患者が少ないこと、
もう一つは、有効な治療法がないこと、
この二点からでしょう。
それに反して、中国語では、大変情報が多く、
皮膚病関係の書物、インターネットなどでも、魚鱗癬が魚鱗病の名で、しばしば見られます。
これは、古くから中医学が発達していたことと、中国人には魚鱗癬が多い、ということに起因しているのでしょう。

国外での 魚鱗癬についての初めての記述
魚鱗癬についての、国外での記述の始めについて、私の知る限りでは、以下の通りです。

中国では、早くも、「金匱要略」(後漢の張仲景:2世紀)に、「肌膚甲錯、肌若魚鱗」(キフはこうさくし、はだはギョリンのごとし)との記述が現れています。

恐らく、これが世界最古の、魚鱗癬についての記述でしょう。

イスラム世界では、「アヴィセンナ(980~1037)」が始めて詳述した、と「皮膚病学(筒井八百珠先生著)1911(明治44年).5」にはあります。
西洋では、「ラーツェス氏(不明)」とこれまた「皮膚病学(筒井八百珠先生著)1911(明治44年).5」にはあります。

日本での 魚鱗癬についての初めての記述
それでは、日本ではいつごろから魚鱗癬についての記述があるのだろうかと思い、調べてみました。
結論から言いますと、今のところ分かりません。
しかし、意外な事に、明治時代の皮膚関係の書物に、多くの「魚鱗癬」についての記述を見つけましたので、幾つかを紹介します。
原文の多くは、古風で解りにくいので、原典の雰囲気を尊重しつつ、現代文に変えてあります。

注意
内容的には、古い時代のものであり、記述が正しいわけではありません。
また、魚鱗癬の治療法も書かれていますが、現在から見て正しい治療法というわけではありません
そうではあっても、資料があった方がいいでしょう。
何しろ、魚鱗癬についての資料が、あまりにも少なすぎますので、基礎資料として紹介します。
そのことを、念頭において、
   これから紹介する資料については、参考に止どめて下さい。

資料の出所はすべて、「国会図書館の近代デジタルライブラリー」からです。
これらは、本は、普通の書物であって、国会図書館にあり、電子化された物です。
ネット上の根拠のないものとか、何らかの意図を持った怪しい文書ではではありません。
「国会図書館の近代デジタルライブラリー」は、誰でも自由にアクセスできます。興味あるかたは、そちらも参照すると良いでしょう。ただし、読みにくいですが。

「通俗皮膚病顧問」 関藤治郎先生著、崇文館、 明治40.3 (1907) より

魚鱗癬 
本症は、元来母の胎内にあって、すでに発症しているものなのだが、多くは常に1,2歳にして発症する。
そして、始めは、四肢の伸展側に発生し、その皮膚はざらざらしていて乾燥し、かつまた落屑する。
これを単純性魚鱗癬という。
其の他、鱗の屑が厚く層をなしているもの、雲母状で光沢があるもの等がある。

その発生部位としては、四肢及び躯幹の伸展側を侵害することが、もっとも多い。
頭部においては、フケが出ることだけの場合ある。
また、子宮内魚鱗癬、あるいは胎児魚鱗癬というのもある。
本症は、春期発動期までは増進するが、それ以降、病状は、通常は停止する。
しかし、その形状は、退行するまでには至らない。

治療法:私(関藤治郎先生)は、まず 簡易な治療法として、温泉浴を勧めている。
      そのほか、普通に入浴して、鱗屑(りんそう)を除去するとよい。
      症状が局限している場合は、油剤緑石鹸(注:不明)を用いると良い。
処方:(1)レゾルシン 1.0g、グリセリン軟膏 50.0g
        患部に塗布する。
    (2)ナフトール  2.5g、ワセリン 50.0g
       ナフトールを適量のアルコールに溶解し、それをワセリンにまぜて混和して、軟膏にし、塗布する。

 
[魚鱗癬
明治大正における魚鱗癬についての記述   その2

◎非常に単純なのを紹介します。
      「皮膚及花柳病講義録」 小池正晁先生著、  東京:陸軍軍医団、大正14年

魚鱗癬:
本症は、遺伝性のものであって、皮膚一般の乾燥、角化異常を呈するものである。
部分的に出るものもある。
そして、本症は角化の程度により、種々の名称がある。
単純性魚鱗癬、雲母状魚鱗癬、魚皮状魚鱗癬、豪猪(ヤマアラシ)状魚鱗癬の名称がある。

診断は、角質の増殖、固定している鱗屑、伸側に発生すること、関節の裏には発生しないこと、
幼児期に発生すること、終身不治であること、自覚症の欠如などによる。


◎「皮膚病学(列氏)」より

「皮膚病学(列氏) 」 エドムンド・レッセル先生著、栗本庸勝先生、棟方隆先生訳、樫村清徳先生閲、英蘭堂、明21年10年

(注:原文は、「魚鱗癬」を全て「鱗癬」と表記しています。
   「魚鱗癬」の方がなじみがあるので、全ての「鱗癬」を「魚鱗癬」に改めてあります。
   また、IchthyosisがJchthyosisになっていますが、それはそのままとしました。
   列氏というのは、レッセル氏の漢訳ですね。)

第一 魚鱗癬  Jchthyosis
皮膚角質の過度に発生するものを言い、生後に発生するが、実際は遺伝的な素因に由来するものである。
本病には二種類あり、
一つは、汎発性魚鱗癬(Jchthyosis diffusa)といい、
もう一つは、毛嚢魚鱗癬(Jchthyosis follicularis)という。
また、まれに先天性魚鱗癬(Jchthyosis congenita)というのがある。

[第一] 汎発性魚鱗癬
角質が肥厚し、そのために皮膚に皺壁を生じ、白色の落屑が出る。
汗腺の分泌が減少し、また蒸発が増えるため、皮膚が著しく乾燥する。
また、重症になれば、皺溝の部分に新生の切裂を生じ、角質は、しばしば鱗状の屑をかぶって、ますます肥厚し、白色にして光輝がある。
甚だしい場合は、暗灰青色を呈する。
これは、不潔のためではなく、落屑中の色素に起因する。
劇症に至っては、おおよそ1センチメートルの高さの角質の丘、もしくは棘を発現する。
そしてその間には深い溝を呈し、この時に至れば、落屑もまた甚だしく、衣服草履帽子は、そのために堆積が見られるようになる。
かつまた、色素の沈着もまた甚だしく、一見奇妙な感じがする。
これを、名づけて角様魚鱗癬という。
部位:多くは、左右対称に症状が出、しばしば全身に症状が出ることもある。しかし、体の部分によって症状の強弱がある。四肢の伸側、とくに関節部は最も甚だしく、屈側は症状が弱いか、全くない。また、顔面、陰部、手掌及び足裏には、症状が出ない。
これに反して、所謂 手掌足裏魚鱗癬は、ただ手掌及び足裏のみに症状が出て、他の部分には症状が出ない。
甚だまれには、四肢の少しの部分に症状が出ることがある。思うに、これは栄養神経の疾患であろう。
そういうことで、原因から見れば、手掌足裏魚鱗癬は汎発性魚鱗癬に属するものではない。
経過:幼稚期より発病することが多く、常に1,2歳、早い場合には生後二ヶ月より発病し、終生続くことがある。
春機発動期は、本病の極度の時期であって、特に毎年夏期に甚だしくなる。
或いは、急性熱病に罹患すれば、その後一時期は落屑は減少する。
しかしまた、しばらくすれば、症状が出て来る。
軽症の場合は、自覚症状がないが、関節部には痛みのある切裂が見られる。
予後:生命に関しては良であるが、治癒することはない。
診断:容易である。その小児を診断したり、その兄弟姉妹も罹患することがあるので、それでもって証明する。
原因:遺伝である。同族の小児に多く、又は両親から来ている。「モルコ(注:原典のまま。蒙古、モロッコ、モルッカ、トルコでしょうか?)」人に本病が多いという。
療法:緑石鹸を塗り、又は温浴の後、石鹸を塗り之によって角質を除去し、また角質の再生を防ぐために、常に温浴すると良い。また、ワセリン、十分の一に薄めた硫黄軟膏を塗布する。
「カボシー」氏は、二十分の一に薄めた「ナフトル」膏を1日1,2回塗布し、二日毎に「ナフトル」石鹸で洗浄した後に、「ワセリン」「グリセリン」を塗布する、と述べている。
内服は効果がない。

[第二] 毛嚢魚鱗癬
前者に比べれば、甚だ稀である。
ただ、毛嚢を有する部分にのみ症状が出て、手掌及び足裏には、症状が出ない。
その部分に1ミリメートルの小角柱が出現し、それに触るとあたかも小さい棘に触ったような感じがする。
これは、毛髪苔癬に類似している。
苔癬は 変角した上皮細胞があり、魚鱗癬は新生硬固の角質を発生し、春機発動期前後に悪化することをもって区別する。

[第三]
先天性魚鱗癬
胎内において、すでに角質を発生していて、出産時には体全体がことごとく角質に覆われており、あたかも鎧甲の人のようである。
そして、間溝の部分は、ただ薄い上皮におおわれている。
眼瞼及び口唇はその形を失ない、眼は翻転している結膜より成っているように至る。
手及び足等は、攣縮し、体孔は縮小している。
このような小児は常に早産して、誕生後 大抵一週間以内に死亡する。
[原因〕不明である。只注目すべきことは、ある婦人が一年の内に、本病を罹患した二児を出産したことがあるという。また、牛にもこの病気がある。

 
[魚鱗癬
魚鱗癬(魚鱗せん)の赤味、痒みが消えた

先日、東北から、魚鱗癬(ギョリンセン)の二歳の男の子が、両親に連れられて、昭和薬局に来ました。

魚鱗癬(魚鱗せん)は、個人差がありますが、皮膚の一部がウロコ状になる病気です。
大部分は、遺伝的なものです。
多くは、性染色体であるX染色体にある遺伝子の異常で、劣性遺伝です。
それで、患者さんの多くは、男性です。
しかし、少数派ですが、性染色体に関係なく遺伝するタイプの魚鱗癬もありますので、女性もいます。
魚鱗癬とアトピー性皮膚炎は、違う病気ですが、似ている面もあります。
或いは、アトピー様を併発するのかもしれません。

実は、このお子さんには、以前からお手入れ用のローションやクリームを送っていました。
3.11の東北の地震のとき、無事なんだろうか、どうなったのだろうか、と心配しました。
しかし、秋になってから、お母さんから電話がありました。
皆さん無事だったとのことで、ほっとしました。

さて、11月に東京方面に出てくることになったので、ついでに当店に寄ってくれるとの連絡を受けました。

どのような様子か、直接見てみたいということと、
スキンケア(お手入れ)したら、どのように変化するかを、
   確かめたかったので、心待ちにしていました。

今回のお子さんは、足に魚鱗癬(ギョリンセン)があり、痒いので掻き壊して、湿疹様になっている部分もあります。
腕のかなりの部分も赤く、痒みがあるようです。
顔の大部分も赤く、痒みがあるようです。アトピー性皮膚炎に似ている感じでした。

スキンケアは、妻(満里)が、反応を見ながらしています。
スキンケアは、ローション、クリーム、漢方の軟膏などを反応を見ながら、組み合わせていきます。
今回は、まず足のほうから、スキンケアをして見ることにしました。
通常ですと、クリームを塗ってからローションを塗るのですが、ローションを嫌がりました。
魚鱗癬のお子さんの肌は、冷えていて、また乾燥しています。
この時期ですから、ローションが冷たいので、嫌がったのだと思います。
それで、ローションは使えませんでした。

足のスキンケアをしている頃は、いやがったのですが、腕のスキンケアをする頃には、あまり嫌がらなくなりました。
面白いことに、嫌がるものと、嫌がらないものとがありました。

最後に、一番難関の顔のスキンケアに取り掛かりました。
やはり、顔を触ろうとすると、嫌がって泣き出しました。
始めに、あるオイルを塗りました。
これは、肌に潤いを与えるだけではなく、痒みが軽くなることが多いオイルです。
すこし、あるオイルを塗ってから、その上にクリームを塗ったり、ローションを塗ったりしました。
その間も、嫌がっていました。
そのうちに、泣き止みました。
おそらく、お手入れした部分の痒みが取れたので、嫌がらなくなったのでしょう。
それから、嫌がったりする時と嫌がらない時があるようになりました。
そこで、妻が、子供さんに、どれ(オイル?ローション?クリーム?軟膏?)がいいと聞きながら、スキンケアを続けました。
すると、こっちがいいと、泣きながら、指差すようになりました。
「どっち?」
「こっち!」という感じです。
そうこうしているうちに、顔のスキンケアが、終わりました。

少しして、全く痒がらなくなりました。
顔の赤味が消えて、普通の肌の色になりました。

また、一番肝腎の魚鱗癬(魚鱗せん)のある足も、痒みがなくなり、赤味も消えています。
魚鱗癬の部分も筋の色が薄くなっています。
一度で、これくらいきれいになりましたので、続ければ、ほとんど薄くなると思います。
別な、お子さんは、お母さんががんばって、ほとんど見えない状態になっています。

今回は、正に、本人と相談しながらスキンケアでした。
それにしても、しっかりした受け答えの出来る二歳のお子さんでした。
反応の仕方が、子供ですから正直な反応で、面白いことでした。
泣きながら、あっちがいい、こっちがいいでしたから。
遠いから難しいでしょうが、また、会ってみたいですね。

 
[魚鱗癬
魚鱗癬がほとんど見えなくなった!

先日、久しぶりに、魚鱗癬(ギョリンセン)の赤ちゃん、と言っても、
来年から幼稚園に入れようかなという年齢になっています、がお母さんと来店しました。
少し、少年ぽくなった感じです。

お母さんは、その間に何回か見えていましたので、様子を聞いていました。
お手入れを(スキンケア)を続けていると、肌の網目模様(魚鱗せん)が消えるそうです。
お手入れを忘れたような所は、やはり模様が出てきているそうです。

また、大きくなってきたので、おさえて、スキンケアをするのが大変になったとのことです。
子供の方から見れば、ローションを塗られたり、クリームを塗られたりするのは、苦痛でしょう。
親としては、子供のためにがんばっているのに、子供は嫌がって逃げようとするので、
毎日が戦いのようです。


さて、せっかく 本人が来ましたので、足を見せてもらいました。
まあ、当然 嫌がりましたが。

お母さんは、「大体消えているけれど、ここらへんに魚鱗癬があるでしょう。」といいました。
私たちが見たところ、以前は はっきりと魚鱗癬の特徴的な模様が見えましたが、
今回はなくなっています。

お母さんが、ここらへんにあるでしょう、という所を見ても、魚鱗癬は見えません。
ちょっと茶色っぽくて、肌荒れかな、という程度です。
魚鱗癬というものを見たことが無い人が見たら、何も、特殊な状態の肌には
見えないでしょう。

魚鱗癬について、不通の人より良く知っているはずの、私たちから見ても、
普通の肌、よくある程度の肌にしか見えません。この状態なら、
(魚鱗癬は治ることはありませんが)魚鱗癬が緩解(かんかい)した、とは言えると思います。

魚鱗癬についての治療法が確立していない現在、対症療法ではありますが、
適切なスキンケアで正常な肌に近づけるのが、一番良い方法ではないかと思います。

良くなったのを考察すると、こういうことだろうと思います。
魚鱗癬というように、茶色のスジが網目状で、その間に普通の色の皮膚が、
比較的規則的に混在しています。

魚鱗癬の場合、皮膚が非常に乾燥しますが、肌の一部(茶色い網目の線の部分)が、
特に乾燥しているようです。また、その部分は、未成熟なままで終わってしまうようです。
すると、乾燥して、皮膚の一部が剥がれ落ちます。
皮膚が乾燥すると痒いので、かきむしります。
すると、かいた所の肌は、キレイな肌が出来る前の未熟なままになり、
赤く痒くなります。肌は、掻けば掻くほど、痒くなる性質があります。

おそらく、痒いのは、肌の一部(茶色い網目の線の部分)でしょうが、
その周囲の正常な肌まで掻いて、はがしてしまいます。
こうして、いつも、未熟な皮膚の状態が続き、
いつまでも良くならない悪循環に入ります。

肌のお手入れ(スキンケア)を、適切に行えば、かゆみが軽減、または消えます。
かゆみがなければ、掻き壊す事はなくなります。
また、適切なスキンケアで、皮膚に水分と油分を与えれば、
未熟なままで終わる運命にあった一部の皮膚(茶色い網目の線の部分)も、
正常な皮膚に育ちます。

すると、周囲と同じ色の皮膚になるので、魚鱗のような模様が消えます。
つまり、正常な皮膚と同じようになるのでしょう。
ただし、スキンケアを手抜くとしばらくすると、また魚鱗のような模様が出て来ます。


こういう事ではないかと、推定します。

遺伝的なものである魚鱗癬であっても、肌のお手入れ(スキンケア)を、
適切なスキンケア化粧品で行えば、正常な肌と同じ状態で
いられるのではないか、と思います。

昭和薬局では、スキンケアには、ホワイトリリーリリー化粧品
(天然派化粧品)のローション(各種あり)とクリーム、
それと漢方の軟膏を組み合わせています。
又、別なのを使うこともあります。
今の所、魚鱗せんの方に使っても、大体良いようです。

おそらく、すべての魚鱗癬の方に良いのは、これだという程、
ことは単純ではないでしょう。
一人一人にあった対策を立てることが必要でしょう。


今回は、小さいお子さんですので、内服の漢方薬は用いていません。
しかし、魚鱗癬の患者の多い中国の文献を見ると、肌を潤す漢方薬、
血流を良くする漢方薬も使っていますので、大人なら使うと
良いかもしれない、とも思います。
(しかし、魚鱗癬の漢方での治療法は、西洋医学と同様、根本的に治すことは
出来ていません。ただ、状態を良くすることが出来るようです。)

また、魚鱗癬の方の皮膚は冷たいので、体温を上げる漢方薬を使うと
良いのではないかとも思います。
また、一般的に、皮膚のトラブル、アレルギー、アトピーなどは、
お腹(腸)の状態を良くすると改善することが多いので、
腸の状態を改善すると良いのでは、と思います。

漢方の五行説では、「肺、鼻、皮毛(皮膚)、大腸」は、互いに関係あるとされています。
肺はぜん息(アレルギー=免疫系の病気)、鼻はアレルギー性鼻炎
(免疫系の病気の代表ですね)、皮膚はアトピー(免疫系の病気)、
大腸は、便秘(免疫力を低下させる)、下痢、軟便、過敏性大腸症候
群(これも免疫系の病気といわれています)とすれば、何となく関係がありそうでしょう。


皮膚に関するご相談は、なるべく電話であらかじめご連絡ください。

 
[魚鱗癬
「常見皮膚病図譜」中の魚鱗せん

「常見皮膚病図譜」中の魚鱗病(魚鱗癬)

先日、また、赤ちゃんが来ました。足を見せてもらい、触らせてもらいましたが、
柔らかくて、皮膚は良い状態です。
冬に向かうと、この病気は悪化しますから、いまの状態を保てばよいわけです。
お母さんと話して、痛感したのは、情報が少ないと言うことです。

治療法がある無しに関わらず、情報は多いほど良いでしょう。
その中から、良くなることへのヒントがあるでしょう。

今何かを調べるとすると、まずネットでしょう。
私も、始めネットで調べましたが、日本語では、あまり情報がありません。
また、ネットは、ある程度しか信用できません。
そこで、手元にある文献には、何かあるだろうか、と探してみました。
そうしたら、ありました。

「メルクマニュアル」(第19版)に2ページ。これは、英文を日本語にしたものです。
もう一つは、中国語の書籍です。
「常見皮膚病図譜(じょうけんひふびょうずふ)」という本の末尾の
「その他(の皮膚病)」の章の、最末に「魚鱗病」と言う称で、1ページだけ記載されていました。
大分前に買って、ほおって置いた本です。
(人民衛生出版社。北京。北京医学院第一付属医院皮膚科編。1978年5月とありますから、
78年以降80年代に買ったのでしょう。長いこと眠っていました。)
この「常見」とは、よく見かけるという意味です。
「よく見かける皮膚病図鑑」と言うことになります。
「よく見かける」という本に、末尾とはいえ、記載されているのですから、やはり
、中国では、魚鱗癬の患者が多いようです。
中国には「魚鱗せん」の患者が多いと、つい先日、中医の先生に確認しました。

ざっと内容を紹介します。
原文では、魚鱗癬(ぎょりんせん)を、「魚鱗病」としてありますので、そのまま魚鱗病としました。

魚鱗病
魚鱗病は遺伝に関係する疾病である。よく見られるのは、尋常性魚鱗病と先天性魚鱗病紅皮病である。

◎症状
尋常性の魚鱗病の大多数は、児童期に出現する。症状が、重いのから
軽いのまで様々である。成人期に達すると、軽減する場合がある。
症状が一番多く見られるのは、下腿の外側である。次が上肢、下腿の大腿及び体幹である。
症状としては、魚鱗状を呈し、鱗屑がある。中心部は、淡褐色と皮膚が粘着し、
ふちは少しそりあがっている。一般的には、自覚症状はない。
度を過ぎた入浴は、皮膚の乾燥をひどくし、痒みが出てくる。冬季には、
皮脂及び汗の分泌が減少するので、症状が悪化し、夏季には軽減する。
先天性魚鱗病紅皮病は、生まれてすぐに出現し、全身の皮膚は、紅潮する。
広い範囲に魚鱗様の鱗屑状の斑があるほかに、表皮には極めて細かい亀裂があり、
毛は少なく、手足の爪は栄養不良で、手の平と、足の裏は赤く角化して肥厚している。

◎治療
以下の軟膏を外用する。
5%サリチル酸軟膏、10%魚肝油軟膏、10%食塩軟膏、25%尿素軟膏など。症状を軽減する。
ビタミンA、Dの注射が一定の効果がある。
以下の中薬の内服をしても良い。
塾地黄(ジュクジオウ)、当帰(トウキ)、丹参(タンジン)、首烏(シュウ)、胡麻仁(ゴマニン)、
陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、川芎(センキュウ)。
また、1日量として、蒼朮(ソウジュツ)5銭、甘草(カンゾウ)2銭を水で煎じて服用する。


以上ですが、この治療の項目は、残念ながら効きそうにありません。
魚鱗癬について情報があまりにも、少ないので、
参考のために、記しました。

 
[魚鱗癬

朝霞市、志木市、新座市、和光市で40年 漢方相談薬局   

昭和薬局     薬剤師  鈴木 覚   
〒351-0035   
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106   
【電話】 048-473-7830   
【FAX】 048-473-7332   


  ◎ご相談をよくいただく病気その他
  美容・お肌のトラブル:アトピー性皮膚炎、敏感肌、ニキビ、大人のニキビ、シミ、
       美白、ダイエット、じんましん、皮膚のトラブル
  胃腸の健康:便秘、下痢、腸内環境、過敏性大腸炎、胃炎、神経性胃炎、胃もたれ
  痛み全般:関節痛、ヒザの痛み、腰の痛み、肩こり、頭痛、偏頭痛
  不妊関連:女性不妊、男性不妊、2人目不妊 、子宝の食養生、更年期障害、
  女性病関連:冷え性、生理痛、生理不順、
  その他・心の病気全般:体の疲れ、精神的な疲れ、自律神経失調症、うつ、不安感、
  不眠症、夜尿症(最近ご相談が増えています)



  ◎「日本体質改善研究会」会員、「子宝カウンセラーの会」会員

  ■アクセス
   東武東上線・朝霞台駅 JR武蔵野線・北朝霞駅より徒歩8分
   東武東上線・志木駅より徒歩7分